創作物紹介


8:叢雲ちゃんと鈍感提督と2

【あらすじ】

 

司令官に想いを寄せる

      秘書艦の叢雲ちゃん

しかし…

   司令官は自分が嫌われていると

         勘違いしているのであった…

 

※web公開漫画+書き下ろし漫画収録



7:叢雲ちゃんと鈍感提督と

【あらすじ】

 

司令官に想いを寄せる

      秘書艦の叢雲ちゃん

しかし…

   司令官は自分が嫌われていると

         勘違いしているのであった…

 

※web公開漫画+書き下ろし漫画収録



6:Joyeux anniversaire

【あらすじ】

提督の机に一つの小包。

どうやら本日は秘書艦叢雲の進水日らしい。

 

しかし、叢雲は浮かない顔…

その理由は―

 

「わたしは…

     この日が嫌いだ…」



5:叢雲ちゃんと海水浴!

【あらすじ】

どうしても休暇が欲しかった提督は

あの手この手でイベントを企画。

 

それが「海水浴」だ!

 

皆の衆!休暇を楽しむが良い!!

 

「アンタ…

    そこまでして休みたかったわけ?」



4:叢雲ちゃんは誘惑したい!

【あらすじ】

提督に片思い中の叢雲。

 

どうすれば提督の目を惹けるか考えていると

愛宕からぶっ飛んだ提案が…

 

「こんなことして

   本当に効果あるのかしら…」



3:カベとヤマと      おっぱい提督釣り任務編

【あらすじ】

突如横須賀鎮守府に

サンマを釣る任務が舞い込む。

 

ただの人間でも出来そう任務に

秘書艦叢雲は機嫌を損ねてしまう…

 

「海軍は艦娘を

     馬鹿にしてるわけ!?」



2:カベとヤマとおっぱい提督2

【あらすじ】

床屋に行くことをサボっていたら、

前髪がだらしなく伸びてしまった叢雲。

しょうがなく文具の鋏で切ろうと試みる。

 

しかし―

何処から湧いて出たのか愛宕が

飛び出しそれを止める。

 

「叢雲さん!ちゃんとした鋏で

      切らなきゃダメです!!」

 



1:カベとヤマとおっぱい提督

【あらすじ】

新人艦娘愛宕は

憧れの横須賀鎮守府に着任することになった。

 

しかし、

上司である横須賀鎮守府の提督に

挨拶をしに行くも

どうやら秘書艦の叢雲と揉めているらしく…

 

「ちょっと何なんですか

        この鎮守府は…」